HOME > Blog > アーカイブ > 2014年1月アーカイブ

Blog 2014年1月アーカイブ

髪の「ツヤ」とは?(A)

女性にとって髪の「ツヤ」はかなり重要視されています。髪が美しいかどうかで印象も大きく変わってしまうからです。

アクシアはお客様の髪の「ツヤ」「手触り」にとことんこだっわていますが、まずは「ツヤ」についてお話します。

なぜ、髪にツヤが「ない」ように見えるかわかりますか?前回くせ毛の理由でも触れましたが、(A)くせ毛はいびつな楕円形を

していてキューティクルがゴツゴツしている為、光が乱反射してツヤがなく見えます。もともとの髪質による原因です。

その他には(B)薬剤(パーマ液、ブリーチ)、過度な熱(コテ、アイロン)などによるダメージにより毛髪内部と

キューティクルが破壊されてパサパサとツヤがなく見えます。ほとんどの場合はこのどちらか、もしくは両方だと考えられます。

ツヤがなく見える理由はなんとなく理解していただけたでしょうか?では、どうすれば美しい「ツヤ」を出すことができるのか?

まず(A)の原因の場合はアイロンを使った熱処理(ストカール、ストレート)メニューをする事をオススメします☆

アクシアの看板メニューのストカール、ストレートはダメージを最小限に抑えるように、独自の毛髪診断により

薬剤選定、熱処理している為に乾かすだけで綺麗に「ツヤ」を出しやすくし、スタイリング時間を短縮することができますが、

100%ダメージを与えたくないのであれば自分でブローするしかありません。

くせ毛の理由でお話したように毛髪の蛋白質の疎水性(熱に反応)の割合が多いからです。

いくらダメージさせたくないからと言っても、毎日ブローする時間と手間、コテやアイロンをあてるダメージを考えると

ストカール、ストレートした方が効率的でトータル的にはオススメですが・・・

話が長くなってきましたので、(B)の対処法については次回お話します。



大阪美容室AXIA(アクシア)くせ毛、ストカール、縮毛矯正、くせ毛研究所









くせ毛の原因

くせ毛の原因はご存知ですか?

その前にくせ毛といっても種類があります。

波状毛、稔転毛、縮毛、連珠毛などと呼ばれる特性で

1本の髪に1つの特性ではなく、複数がミックスされている事がほとんどです。

本題に入りますが、くせ毛の原因は

1、毛根の変形

真っ直ぐな髪は真円に近い形をしていて、くせ毛は楕円形(いびつな)をしていると一般的には言われていて
毛根の形によって生えてくる髪の形状もも決まってきます。

2、毛髪内部の蛋白質の割合

簡単に説明すると、髪の内部のタンパク質は大きく分けて2つあります。その特徴は
A,親水性(薬剤により反応する)と、B、疎水性(熱によって反応する)の2つのバランスに
よって決まってきます。

パーマをあてたら1日でとれた、パーマがあたりにくいと長い時間置かれ、結果はダメージばかりでてカールは出なかった・・・、
縮毛矯正をあてたが、収まりが悪く全体的に「ボワッと」広がる・・・等の経験はありませんか?

それはまさしくBの割合が多いためです!パーマ理論は50年前から殆ど変わってなくて、Aの部分(髪の50%以下)に反応
させる古い理論で止まっている(美容師さん、メーカー)場合が多々あります。

水パーマ、コスメパーマ(化粧品登録)は痛まない!と思い込んでいる方は勘違い?しています。
?にしたのはAの割合が多い方には有効かも?知れません。アクシアでストレート、ストカール、HOTパーマ、デジパを
される方は圧倒的にBの割合が多い方がほとんどです!

熱くなってきて話がだんだんそれてきましたね(笑)

髪と真剣に向き合っていないお店、美容師さんにはくれぐれもご注意くださいね。

次回はアクシアでストレート、ストカール、HOTパーマ、デジパをするとなぜ「手触り」「ツヤ」が良くなるのか?
という事についてお話します。

大阪江坂美容室AXIA(アクシア)くせ毛、ストカール、縮毛、ダメージ

ホームページがOPENしました。

くせ毛やダメージでお悩みの方をどんどん綺麗にして

行きたいとおもいます。今後ともよろしくお願いします
happy01







1

« 2013年12月 | メインページ | アーカイブ | 2014年2月 »

このページのトップへ